神奈川県横浜市を中心に在宅医療・訪問介護を展開する医療法人社団ファミリアの採用サイトです

医療法人社団ファミリアリクルートサイト

総合的な在宅医療

#

ファミリアでは、チーム医療を基本として
多岐にわたる疾患を受け入れています

チーム紹介 / 職種別業務のご案内

医師DOCTOR

当院の在宅医は、ジェネラルに疾患を診ることをベースとして、各専門領域を互いに活かし、チームで診療に当たります。
在宅医療の現場では、多くが終末期や重症患者であり、ガン末期の緩和ケアや認知症、小児難病まで総合的にサポートしています。そのために、医師同士の会話の機会を大切にし、カンファやレクチャーを豊富に設けています。当院に集まる医師の共通点は、在宅医療の専門家として「成長したい」という想いです。

医師

訪問診療には、看護師が同行し、専属ドライバーが運転を担いますので、じっくりと患者と向き合う医療に専念できます。
患者宅では、医師は、患者や家族の話をうかがいながら、全身的な医学管理を行い、看護師の力を借りながら、環境調整や介護サービスの状況チェック等を行います。必要に応じて、他職種に対する指示を電話で行います。
カルテ入力は、全て「ディクテーション」と呼ばれるシステムを用いることで簡単に済ませることができ、余裕ある診療を実現しています。

ディクテーションとは?

カルテ内容を専用機器に音声で吹き込み、データを飛ばすことで、事務スタッフが代わりにカルテにタイピングするシステム。医師が帰社する頃には全てのカルテが出来上がっており、チェックを行うのみ。

ディクテーション

看護師診療同行・訪問看護NURSE

当院では、医師の診療に必ず看護師が同行します。当院の看護師は、単なる「診療補助」を目的とするのではなく、「医師の治療方針にケアの視点を入れること」「医療の質の底上げをすること」を主たる役割としています。医師が、治療や家族支援・身体的ケア・環境調整・多職種連携など全ての業務を独りでこなすことも勿論可能ではありますが、それでは医療の質が上がることはありません。看護師が、家族看護や身体的精神的ケア、多職種への情報共有、環境調整などを包括的に行うことで、医師は診療に集中できます。また、医師が考える治療方針に対して、看護師が得意とするケアの視点を取り入れ、チームで最終的な治療方針を決定していきますので、看護師が治療に直接影響を与えることが出来ます。

看護師

がん末期の患者さんはスピードが求められるため、絶えず看護師でペインコントロールの状況をチェックし合います。

稀ではありますが、時には院内から訪問看護サービスを行うこともあります。特に、残り数週間の余命で、症状コントロールや家族の準備が出来ていない緊急性の高いケースでは、密な連携が必要となるため、院内チームで看護を提供しています。(9割以上のケースでは、外部の訪問看護ステーションと連携しています。)退院前カンファレンスや、サービス担当者会議にも積極的に参加し、主体的に患者さんに関わる活動も行います。

医療事務MEDICAL STAFF

当院の医療事務は、電子カルテの管理やレセプト請求をはじめ、患者・多職種との連絡調整など、様々な事務業務を担当しております。当クリニック窓口には、多職種からの定期連絡や緊急連絡など、様々な電話が入ります。その最初の対応は、事務スタッフが担うこととなります。また、特殊な管理料算定を行うケースも多いので、当院では事務スタッフに対しても様々な情報共有や、教育を行っております。未経験からの入職でも、半年間で立派なスタッフに育っていけるよう育成プランをしっかりと作り、成長していける環境を整えています。

医療事務

運転ドライバーDRIVER

医師・看護師が乗車するコンパクトカーを運転し、訪問診療先を回ります。駐車場が近くに無い患者宅の場合、路上駐車となってしまうので、ドライバーさんが車両を動かし、安全な場所で待機、次の訪問先のルート確認などを行います。一日に訪問する件数は、8~10件程度であり、半径5㎞圏内(15分圏内)となります。また効果的なルート取りについてドライバーの知見を活かしたスケジュールの提案をするなど、ドライバーも医療チームの大切な一員となります。

ドライバー
ファミリア在宅クリニック

ファミリアでは、お互いの役割を尊重しながら、自由闊達に意見しあえる雰囲気があります。
それは、各々が在宅医療に対するしっかりした見識と向上心を持ち、地域の患者さんに向き合っているからこそ、生まれる風土です。
そんなファミリアの教育体制を一部ご紹介します。

ボタン ファミリア在宅クリニック6つの特徴

私たちと共に地域医療を支える新しい仲間を
心よりお待ちしています。

#

採用応募受付フォーム